ライフプランニング/保険・資産運用コンサルティング/マネーセミナーの運営

よくあるご相談事例 ケース1

退職後の資産運用プランを作りたい

老後の生活を考えると、年金だけでは足りなくなりそうです。
今ある資産を計画的に運用しながら、資産を取り崩していくプランを作るには
どうすれば良いでしょうか。
(Bさん 60代女性)

プランナーからのアドバイス

老後の資金に不安を抱えている方は少なくありません。安心して老後の生活を過ごすためにも、現在の資産と将来の収支を再確認することが必要です。現在の出費を続けて暮らしていけるのかを把握するだけでも安心することができます。まずは将来の収支と資産の増減をシミュレーションする「キャッシュ・フロー表」を作成し、もし不足額があれば、運用で補うためにはどの程度のリターンが必要なのか把握します。分配金を目当てにリスクの高い投資信託ばかりお持ちの方がいらっしゃいますが、偏った運用は相場が下落したときに大きく値下がりしてしまうため、ご自身の将来を見据えた資産配分に見直すことが必要です。計画的に取り崩していくためのシュミレーションを行いましょう。




よくあるご相談事例 ケース2

資産全体について相談したい

投資信託、株式、生命保険、不動産…自分がそれぞれ
どれくらいの価値の資産を保有しているのか把握できていません。
全体の資産を一緒に整理しながら相談にのってくれる人を探しています。
(Bさん 60代女性)

プランナーからのアドバイス

資産運用、生命保険、相続、不動産など相談したいことはたくさんあるけれど、誰に何を相談できるのかわからないといった方はたくさんいらっしゃいます。自分で全ての資産を管理をしてくのは大変ですが、まずは一緒に現状の資産を一覧で把握し、整理した上で問題があれば解決のご提案をします。またご要望に応じて、提携している税理士や不動産会社のご紹介も行っています。




よくあるご相談事例 ケース3

預貯金の有効活用の方法が知りたい

これまで金融資産のほとんどを預貯金で保有してきたが、このままで良いのか迷っています。
自分では分からないことも多いので、有効活用の方法を一緒に考えてほしい。
(Bさん 60代男性)

プランナーからのアドバイス

資産運用についてあまり考えたことがなかったものの、退職などを機に見直す方は大勢いらっしゃいます。例えば、退職金のセミナーに参加したり、本を読んでもいまいち理解できなかったというケースです。あまり大きなリスクは取りたくないけれど、定期預金などの預貯金ばかりではもったいない気がするという相談が多くあります。
貯蓄型の商品として預貯金以外にも投資信託や生命保険で準備をすることもできます。また、将来の保障を考えることも重要です。ガイアではお客さまのお話を伺う中で、リスク許容度を確認し、生命保険なども含めて資産全体のバランスについてアドバイスをします。


初心者向けマネーセミナー
初心者向けマネーセミナー